ゆるきりライフ

基本気張らず「ゆるゆる」生活~でもたまに「きりっ」と頑張る私のブログ

疲れ目解消!おすすめ目薬とグッズ12選

f:id:yurukiri:20190102222042j:plain

現代人は時間さえあれば、スマホやパソコンをつい開いてしまって、長時間、目を酷使していますよね。

夕方くらいになると、目がシバシバしてくる人も多いのではないでしょうか。

私もドライアイで通院しており、夕方になると目が疲れてどうしようもありません。。

仕事終わりに本を読みたいと思っても、疲れ目でピントが合わず、開けているのもつらくなって、早めに寝てしまうこともしばしば。

目薬は手放せません。

今朝は、起きたら右目が腫れあがっていてびっくり!!

前日の夜までなんともなかったのに…!(確かに疲れ目ではあったけど…)

いつも大体、前触れなく急に腫れてくるんですよね(-_-;)

今回は、そんな突然の目の腫れの対処法から、普段から愛用している目薬やグッズまで まとめてみました(*'▽')

デジアイ

「デジアイ症候群」って聞いたことありますか?

パソコンやスマホなどでよく話題にのぼる「ブルーライト」。

ブルーライトは目のピント調整機能を疲れさせる作用があるのです。

そんなデジタル機器から発せられるブルーライト対策を詰め込んだのがロート目薬「デジアイ」です。

色が鮮やかな黄色で、さしたあとに目を押さえたティッシュを見るとびっくりしますが、これはビタミンが最大濃度まで入っている証拠。

さし心地はややツーンとする刺激はありますが、そこまで強くはないです。

疲れた目を心地よく刺激してくれる感じ。

そして、何だか目のピントが合いやすいような気がして楽になります。

レビューが良いのも納得です。

見た目が初音ミクとのコラボ商品でかわいいのもポイント高いですよね( *´艸`)

スマホなどでの疲れ目にはオススメの目薬です。

さすときに洋服についちゃうと黄色くなってしまうので、始めからティッシュで押さえながらが安心です(*´ω`)

あずきのチカラ

レンジでチンするタイプのアイピローなのですが、中には本物のあずきが入っています。

何故あずきかというと、あずきそのものに水蒸気が含まれているから。

そしてそれをチンすることで目元がスチーム状になった水蒸気で奥までじんわりあたためてくれるからなのです。

250回も使用できるので圧倒的にコスパが良い!

あずきの重みが目に心地よく、アイマスクなど耳にかけるところがなくても横になっていればずりおちることはあまりありません。

ほんのりあずきの香りがするのも癒されます。

ちなみに首肩用もありますが、こちらも肩こりさんにオススメ!

肩こりから血行が悪くなって、目が疲れるということもあるので、意外と首肩の筋肉をほぐしてあげるのも効果的!

冬場はチンして首に巻いているだけでポカポカ暖房いらずですよ(*'▽')

蒸気でホットアイマスク

こちらは使い捨てタイプのスチームアイマスクです。

使い捨てなので、開けたらすぐあったかくなり、終わったら捨てられて、電子レンジがいらないのが気軽。

袋に小分けされていて持ち運びにもかさばらないので、職場などに1枚持って行って、お昼休みに使うことも可能。

私は旅行先などにも持っていきます(*'▽')

また、様々な香りがしみこませてあって、アロマリラックス効果も高いというのが特徴!

いろんな香りを試しましたが、個人的にはラベンダーとカモミールを交互に使用しています。

気分によっていろんな香りを楽しめるというのもメリットのひとつですね(*´ω`)

数量限定で4つの香りのアソートタイプもありますよ。

ルテイン

疲れ目用に私が継続しているサプリメントはこれ。

ルテインは、目のコントラスト感度(色の濃さの判別力)をサポートすることが報告されており、毎日朝と夜に1粒ずつ飲んでいます。

いろいろ商品がありますが、個人的にはネイチャーメイドがオススメ。

他にもマルチビタミンや鉄、亜鉛など、体調によって組み合わせています。

それでも目が腫れてしまったら?

ロート抗菌目薬

目が腫れるときや、充血しているときには、やっぱりすぐに眼科に行くのが重要。

でも仕事があったり、病院が休みだったりするとなかなか行けないですよね。

そういうときに重宝するのが抗生剤入りの点眼薬。

軽い結膜炎やものもらいだった場合にはこれで改善する場合も多いです。

こちらは、ひとつずつがアンプルに入っていて衛生的。

目薬って、さす際にボトルの穴がまつげなどに触れてしまうと、そこから雑菌が入ってしまうので早めに使い切らないといけないんですよね。

たまにしか使わない抗生剤点眼はアンプルタイプが結果的に長く使えるのでイチオシ!

きちんと遮光タイプの袋に入っていますしね。

私は常備薬としていつもストックしています。

ステロイド点眼

こちらも併用した方が目が腫れたときには効果がありますが、病院で処方してもらう必要があります。

目が腫れるとひとくちに言っても原因はさまざま。

市販品はあくまでも緊急用と思って、きちんとかかりつけの眼科にいくことをおすすめします(*'▽')

ドライアイかな?と思ったら

ソフトサンティア(防腐剤なし)

眼科に行くまでにドライアイ用の目薬がなくなったらこちらを使用しています。

これだと防腐剤も入っていないし、人工涙液なので目に優しい。

眼科でも「市販の目薬使ってます」というと渋い顔をされるのですが「ソフトサンティアです」というと、「あー、それならいいですね」と言われます。

ビタミン入りタイプもあります。

目の異常を防ぐには?

ブルーライトカットメガネ

そもそも疲れ目にならないという対策も必要!

ブルーライトカット製品はたくさんありますが、私はブルーライトカットメガネとブルーライトカットフィルムを併用しています。

これだけでもずいぶん違います。

どちらか一方でもいいのですが、やっぱりダブルで使用した方がより疲れにくいですね。

ブルーライトカットフィルム

スマホの液晶にフィルムを貼っている方も多いと思います。

最近はブルーライトカット機能も備えたものが多いですが、個人的には「ガラスフィルム」ではなく通常の「フィルム」推しです。

というのも、落下させてガラスフィルムが割れ、それを拾い上げるときに指に刺さって、皮膚科でカケラを取ってもらったことがあるからです…(;'∀')

透明なので先生も見えにくく、ぐりぐりされて、割と大変な思いをしました。。

それ以来、スマホ液晶が割れたとしても表面のフィルムが保護になって飛び散らないこと(指に刺さらないこと)を優先してフィルムタイプを選んでいます(;'∀')

パソコン用はこちら。

目は情報の8割を占めるともいわれています。

目の疲れが悪化して、腫れたり充血したり、角膜に傷がついたりしないように、早めのケアが大切です。

ちなみに私はこれらのケアをする前は割と頻繁に角膜に傷がついて、涙が止まらなくなって眼科に通っていました(;'∀')

みなさんもご注意くださいね。

少しでもお役に立てたなら下のボタンをポチっとお願いします!