ゆるきりライフ

基本気張らず「ゆるゆる」生活~でもたまに「きりっ」と頑張る私のブログ

NA-FA100H6-W パナソニック全自動洗濯機の評判は?口コミ・レビューしてみた!

パナソニック全自動洗濯機『NA-FA100H6-W』

 

NA-FA100H6-Wの外観

洗濯機外観

 

パナソニック全自動洗濯機『NA-FA100H6-W』を購入!

 

使用から一か月ほど経過したので、早速レビューしていきたいと思います。

 

設置込みの配送を依頼しましたが、今回は室外に設置することになりました。

 

室外だと劣化が気になりますが、浴室をリフォームしてお風呂を大きくしたために洗濯機を置くスペースが減り、やむを得ず室外設置になってしまったので仕方ありません。

 

使用しないときはカバーをつけてなるべく日光などの劣化を防ぎます。

 

特に操作パネルがすぐに劣化してしまうので、もし室外設置の方がおられたら注意しておいた方がよいかもしれません。

 

操作パネルはこちら。

 

洗濯機ボタン

 

NA-FA100H6-Wの特長として、操作パネルが手前ではなく、奥にあるというのがポイントです。

 

なるべく洗濯槽を手前に持ってくることにより、洗濯物を取り出しやすくするためだそうです。

 

これは個人的にはかなりGOODポイントかなと思っています。

 

手前に操作パネルがあると、結果的に洗濯槽が遠くなることになり、上部はよいのですが、下の方に残った靴下なんかを取るときに背伸びしないといけなかったり、腰に負担がかかったりするんですよね。

 

腰が悪く、身長も低い母親が、今度の洗濯機はだいぶ取り出しやすくなったと言っていました。

 

※ちなみに以前使用していたのは日立のビートウォッシュでした。

 

操作パネルの下についているのが、洗剤の投入口。

 

洗剤ケース開く前

 

引き出し状になっていて、開けるとこのような感じ。

 

洗剤ケース開けた後

 

左が粉末洗剤、真ん中が液体洗剤と漂白剤、右が柔軟剤となっています。

 

そしてフタをしたところがこちら。

 

最大の特長はこれかもしれません。

 

わかりますか?

 

内蓋がないのが。

 

洗濯機閉じたところ

 

これにより、洗濯中も脱水中もフタを開けることなく、中の状況がわかります。

 

これは母親が、中がどういう風になっているか一度見てみたかったという希望に沿った形で満足しています。

 

洗濯されているのを見るのは意外と楽しいし、今どんな風に洗われているのかな、脱水はどんな感じなんだろう、などの疑問が解決してすっきりしました(笑)

 

洗濯槽内部はこんな感じ。

 

10kg洗濯可能で、家族4人分でも十分対応可能です。

 

洗濯槽内

 

サイズはこんな感じで、以前のビートウォッシュとほぼ同じ寸法なのですが、こちらの方がスマートでスリムに感じます。

 

寸法

NA-FA100H6-Wの「泡洗浄W」機能がすごい!

NA-FA-100H6には「泡洗浄W」という機能がついているのですが、これが思った以上にすごかったです。

 

触れ込みとしては、たっぷりの泡で汚れにアタックし、大容量でもしっかり洗浄できるということなのですが、実際の泡が滝のように流れているところがこちら。

 

泡洗浄

 

洗剤を溶かして泡立ててから衣類にまんべんなく振りかけることにより、汚れを浮きやすくし、子供のつけるような頑固な泥汚れなどにも効果があるとか!

 

泡にすることで、汚れに接する面積が増えるので汚れ落ちもアップ。

 

これがもう、想像以上の滝!(笑)

 

泡洗浄アップ

 

この量の泡が、かなり長い時間、出続けるので確かにまんべんなく衣類に洗剤がいきわたっていると感じました。

 

さらに、水流も上部から滝のように当たり、撹拌することによって機械的にも汚れが落ちるという仕組み。

 

実際の洗いあがりを見ても、ビートウォッシュよりも汚れがきれいに落ちていると感じました。

 

さすがパナソニック…!

 

 

からみほぐし機能

NA-FA100H6には、脱水後に洗濯物がからみあって取り出しにくいという状況を緩和するために「からみほぐし機能」というものがついています。

 

これ、個人的には購入の大きなポイントでもありました。

 

タオルとか長ズボン、長そでシャツなどが他の衣類と絡まっていると、それをほどくだけでも大変だし、何より、洗濯が完了して干しにいくまでタイムラグがあったときに衣類がシワシワになっているんですよね…

 

でも毎回、洗濯完了後にすぐいけるわけじゃないし。。

 

で、こちらの機能に期待していたんです。

 

6kgまでくらいしかこの機能は使えませんと書いてあったのですが、10kg近く入れていても、ビートウォッシュのときのように、洗濯槽の床が見えるほど壁面に洗濯物がへばりついているということが全然ありませんでした!

 

からみほぐし機能

 

多少からんではいますが、以前より断然取り出しやすかったし、干すときのシワも軽減されていると感じました。

 

これは洗濯を干すときのストレスが少なくていいかも!

 

フレグランスコース

柔軟剤をしっかり香らせるコースなのですが、実はこのコースを使わなくても、以前の洗濯機よりもかなり柔軟剤の香りを強く感じます。

 

入れる量は変わっていないのにです。

 

なので、最近は柔軟剤は少し少なめに入れています。

 

減らしても柔軟剤のふんわり感も変わらず、これはコスパが良いのでは、と感じています。

 

やっぱり、たっぷりの水で撹拌しながらというのはこんなところでも違いが出るんですね。

 

最近の洗濯機はすごい。

 

他にも黒カビの発生をおさえる槽洗浄コースもあるし、センサーを駆使してムダを省き自動で節電してくれるエコナビも搭載。

 

泥汚れつけおきコースもあります。

 

我が家は機械の油汚れなど、落ちにくい作業服なども選択しますが、そちらもビートウォッシュより汚れが落ちていて、機械油特有の臭い残りがほぼなくなり、硬い作業着でもごわごわしていないと感じました。

 

ちなみに洗剤や柔軟剤は変えていません。

 

むしろ柔軟剤はちょっと量を減らしたくらいです。

 

洗濯機でこんなに違うんだな…と実感しました。

 

 

静音性

洗濯機といえば騒音が気になりますが、今回洗濯中の騒音を測定した結果はこちら。 

 

デシベル

 

普通の会話程度の音レベル。

 

振動も少なく感じます。

 

我が家では洗濯している音が、以前のビートウォッシュより圧倒的に少なくなり、夜勤の家族が寝ているときに回してもほぼわからないくらいになったので、時間を気にせず洗濯機を回せて重宝しています。

 

これならマンションやアパートでも十分対応できるのではないかと感じました。 

 

清掃性

以前のような袋状ではなく、プラスチック製。

ゴミ取り

 

これを取り外すと、中にはこんなに。。

 

ゴミ取り開けたところ

 

1~2回でこれなので、かなり取れてますね(笑)

 

パカっと開いて中身を捨て、水洗いしてまたセットするだけなので簡単。

 

除菌水に浸すこともできるし、天日乾燥もできるので清潔。

 

袋だと中をひっくり返してゴミを出して、またひっくり返して、とかありますが、これはその半分くらいの時間で楽に掃除できますし、袋のものよりもかなり取れているなと思います。

 

洗濯ものにも細かい糸くずなどが付着している率も減った気がします。

 

袋のように劣化して破れる心配もないので耐久性もあるんじゃないかと期待しています。

 

まとめ

今回、NA-FA100H6-Wを購入して、総合的には大変満足しています。

 

操作パネルも使いやすいし、コースもわかりやすいので、高齢の母親でも難しくなさそうです。

 

今まで日立、東芝、パナソニックと使用してきましたが、今回パナソニックの洗濯機を購入して大満足なので長く大事に利用していきたいと思います(*´▽`*)

 

 

 

ちなみに、同時期に日立の洗濯機も購入したので、そちらのレビューもよければどうぞ。

 

こちらは乾燥機能付きで、さらに振動と騒音を抑えたモデルになっています。

www.yurukiri.com

 

また、洗濯槽のカビについて徹底的に調べた記事がこちら。

 

新品の洗濯機を購入する際には、最初のケアが肝心です!

www.yurukiri.com

 

少しでもお役に立てたなら下のボタンをポチっとお願いします!