ゆるきりライフ

基本気張らず「ゆるゆる」生活~でもたまに「きりっ」と頑張る私のブログ

「マイ枕」の評判は?3万円もするオーダーメイド枕の寝心地を徹底レビュー!

f:id:yurukiri:20190219175633j:plain

マイ枕(3万円オーダーメイド枕)とは?

みなさん、枕って何を使っていますか?

 

低反発枕?

 

高反発枕?

 

パイプ枕?

 

それとも、ホテルにあるようなふかふかの羽毛枕?

 

枕は使わないという人もいるかもしれません。

 

私は、枕には結構こだわりがありまして、いろいろと迷走しております。。

 

もともと肩こりと首こり、腰痛がありまして、枕が合わないと翌日のパフォーマンスが激落ちしてしまうんですよね(´;ω;`)

 

テレビで「枕はバスタオルで自作した方がよい」と言われればその晩に作り、

 

テンピュールが流行ったときにはそれを買って試し、

 

背骨に負担がかからないという健康枕の宣伝を見ては注文し…

 

しかし、どれも長くは続きませんでした。

 

そんな私が現在(3年ほど)使っている枕はこちら。

 

マイ枕(表)

 

オーダーメイド枕の、「マイまくら」と言います。

 

オーダーメイドスーツとかと同じように、頭のサイズや首の湾曲のアーチを計測して、個人に合うように作ってもらう枕です。

 

お値段、3万円。

 

え…

 

たっか!!!

 

いやいやいや、

 

たっか!!!(二度目)

 

枕に3万て!!

 

そう思ったあなた、正常な判断です。

 

私も最初はそう思いました。

 

果たしてこの枕が3万円の価値があったのかどうか。

 

気になる結果は「個人的には、買ってよかったと思う」です。

 

 

「マイ枕」を買ってよかった理由

枕で私が重視しているのは、寝心地はもちろん、翌朝のポテンシャルです。

 

合わない枕で首と肩の辺りがこってしまうと、仕事が全然はかどらないんですよね…

 

首や肩に負担のかかる寝姿勢だと、睡眠途中で起きてしまったり、眠りが浅くなったりして、睡眠時間を十分確保していても疲れが取れないんです。

 

酷い日には翌朝寝違えていたりします。。

 

そうなると一週間くらい首が回らないこともしばしば。。

 

テンション、がたおちです。

 

逆に、首や肩周辺のこりがないと、私の場合は「よく寝た~!」となっている場合が多いです。

 

「マイ枕」を使用して、首と肩のこりがだいぶ変わりました。

 

やさしく首の後ろをサポートして、無理のない姿勢であると感じます。

 

そして、寝返りがうちやすい!

 

実は寝返りがうちやすいというのは睡眠の質にとって、重要なポイント。

 

自分にぴったりにオーダーメイドされた「マイ枕」よって、睡眠の質が上がり、同じ睡眠時間でも疲れの取れ方が改善されました。

 

睡眠の質というのは、そのまま生活の質に通じている気がします。

 

たまにホテルとかに泊まって別の枕を使用したときの疲労感といったら…

 

私の場合は、枕ごともって旅行に行きたいと思うレベルで違います(;´∀`)

 

「マイ枕」に慣れてると他の枕だとすごく寝にくいと感じて、その良さを再認識することが多いです。

 

枕というものは、一度買えば毎日必ず6~8時間は使用しますし、翌日の快適な目覚めを左右するものと思えば3万円としても高くはない。

 

私の場合、3年使用しているので1年あたり1万円、1日あたり27円

 

枕なんて3年も使わないよという人もいるかもしれませんが、マイ枕はお値段だけあってかなり丈夫に出来ています。

 

私は3年使用していますが「これ6年は余裕だな」と感じます。

 

いやいや、枕を6年も使ったらぺたんこになるだろ~と思うかもしれません。

 

その通りです。

 

枕はどんどん劣化します。

 

徐々につぶれて、購入時の寝心地からどんどん離れていってしまいます。

 

マイ枕ももちろん例外ではありません。

 

1年しないうちに「ちょっと低くなって、首の裏のサポートが弱くなってきたかな」と感じたり。

 

マイ枕には「ずっと無料メンテナンス」がついているので、少しへたってきたなと思ったら、その時点で店舗に行き、枕を調節→体に合わせて中身を入れ替えることができるのです。

 

枕って、例えば、腰を悪くしたとか、敷布団を変えたとか、そういうちょっとしたことで結構合わなくなったりするんですよね。

 

なので、この無料メンテナンスは結構ありがたく使ってます。

 

枕を専用バッグ(購入時にもらえる)に入れて店舗に持っていかないといけないのはちょっと面倒ですが、新しく枕を買う出費や手間を考えればそう気になりません。

 

私の利用している店舗は百貨店の一部に入っているので、買い物のついでですしね。

 

それにメンテナンスをすればまた新品のように枕がふかふかに復活するのを知っているので、行きは面倒でも帰るときにはルンルンです。

 

メンテナンスついでに除菌消臭もやってくれるし、やってもらっている間、買い物したり、お茶を出してくれたりもして時間も潰せます。

 

メンテナンス時は、ベッドに実際、枕を置いて寝て、枕マイスターみたいな人が首や腰などいろんな場所を調べて、相談しながら調整してくれる感じです。

 

家ではやわらかめの布団か、硬めの布団かなどの問診があり、場合によってはベッドを変えて何度も調整してくれます。

 

ベッドの硬さによっても微妙に枕の沈み具合が違うんですよね。

 

やってみて驚きました。

 

今まで5回ほど調整してもらいましたが、初回の調整を除いてはだいたい中身の増量と取り換えがメインという感じです。(初回だけはちょこっと減らしてもらいました)

 

中身を入れ替えると、ベッドに横になった瞬間「コレコレ~!この感じよ~!」とテンションあがります。

 

たった数ミリでもこんなに違うんだなぁとびっくり。

 

これこそがオーダーメイド枕の醍醐味であり、値段に見合う付加価値なのだと思います。

 

調整の時間は混み具合にもよりますが、大体15~30分くらいです。

 

枕カバーも種類豊富なので、季節に合わせて使い分ければさらに新品感が増してGOOD!

 

ちなみに私のオススメはパイル地のカバーです!

 

パイル地

 

タオルみたいな生地で、夏場は汗を吸い取ってくれるし、冬場も冷たくなくて、オールシーズン万能です。

 

 

家でのお手入れ方法

マイ枕は家での洗濯機丸洗いも可能です。

 

ネットに入れて洗い、陰干し。

 

その後は上下左右にゆすったりして中身を良い位置に戻します。

 

最後は枕の真ん中をてのひらで丸くさすって、くぼませればOK!

 

このまぁるく真ん中をくぼませる動作が重要なのだとか。

 

最近は、毎日寝る前にも、枕を縦にトントンとして中身をゆすって、真ん中をさするという5秒メンテを行っていますが、これをやるとさらにへたりが減って快適に使えています。

 

カバーさえしっかりしていれば、枕の生地をいためず、10年も夢じゃないなと感じます。

 

「マイ枕」の良さの秘密 

マイ枕(表)

まずは形ですが、下がカーブしていて、肩のラインに沿うようにできています。

 

寝返りを打っても肩が邪魔にならず、寝返りのたびに枕を引っ張って位置を変える、なんて必要がありません。

 

 裏面がこちら。

 

マイ枕(裏)

クローバー型の刺繍がかわいいんですが、注目すべきはそこではありません。

 

ファスナーがたくさんついているのがわかるでしょうか。

 

何と、合計7カ所も!

 

しかも驚くべきことに、その場所ごとに違う中身が入っているのです。

 

さすがお値段3万円というだけのことはあります。 

 

枕の部位によって機能が違うので、枕の上下左右が決まっている(裏返して使うなどは不可)のですが、その部位ごとの機能がこちら。

 

マイ枕中身

 

①の場所には火山灰を練り込んだ通気性の良いシラスビーズ。

 

シラスビーズ


やや硬い感触で、枕の軽量化と通気性アップに効果的。

 

枕の上半分を下半分よりも硬めにすることで、頭の位置がずれにくくなっていると感じます。

 

②の場所はなんと上下で2層式になっていて、上の層には寝心地をよくしてふかふか感を演出してくれる粒綿が。

 

粒綿

 

下の層には、シラスビーズよりかなりやわらかくて弾力のある、シリコン素材のようなエラストマーパイプが入っています。

 

エラストマーパイプ

 

この2つがふわふわだけど、しっかりサポート、安心して頭を預けられる最高の感触を生み出しているんだなと今回中身を見てみて実感しました!

 

②の面は横向き寝のときに顔に当たるところなので、ある程度の高さがありつつも、寝返りをさまたげないサポート感と弾力性、そして頬が全面に当たるので寝心地もよくないといけないという全ての面をカバーできていると感じます。

 

さすが3万円…(二度目)

 

そして枕の真ん中にある③の位置。

 

これは仰向けで寝ているときの頭部のサポート部なのですが、ここは抗菌消臭効果のある備長炭ビーズからできています。

 

備長炭

 

枕のにおいって、気になる人は気になりますからね…

 

備長炭ビーズはシラスビーズよりはやわらかく、エラストマーパイプよりはやや硬い感触。

 

消臭だけじゃなく、頭部の丸みを包み込み、抜群の安定感を再現してくれる絶妙な弾力のパイプです。

 

そして最後の④の場所は、また2層構造になっていて上層が粒綿、下層が備長炭ビーズになっています。

 

それにより、首からの臭いを抗菌消臭しつつ、粒綿で寝心地もふんわりを確保。

 

本当によく考えられてるなぁと思います。

 

簡単にいうと、

 

枕の上半分がパイプで、通気性がよく、頭がずれないようにサポートしてくれて、

 

下半分が、ふかふかの寝心地を再現する粒綿と、通気性と消臭を兼ね備えた独自パイプで作られている、世界にひとつだけの自分専用枕

 

という感じでしょうか。

 

調べるごとに、本当に枕について研究して作られた逸品なんだなって思います。

 

ここまで来ると、枕をひとつの素材だけで作るのには無理があるんじゃないかという気さえしてきました。

 

すごい。

 

ちなみにこのマイ枕、オーダーメイドなので店舗に行かないと作れません。

 

店舗の場所はこちら

 

ただし、ふるさと納税としての『マイ枕お仕立て券』は楽天でも買えます。

 

楽天で購入できれば、場合によっては20%以上がポイント還元されるのでめちゃオトクになります…!

 

 

 

とはいえ、やっぱ3万は高いよという方に

オーダーメイドとまではいかないけれど、マイ枕の廉価版として、「快眠の基本枕」という枕も販売されておりますが、こちらも楽天で購入可能なうえに、お値段は1万円

 

 
あれ?

何かこの記事を読み始めたときよりお安く感じる…?

 

いやいやまだ高いよ、もう一声!

 

という方にも、ちゃんとコスパ最強のオススメ枕をレビューしております。

 

それが、こちら!

 

セミオーダーメイド枕?「もっと肩楽寝」

肩楽寝(表)

 

こちらが、マイ枕と似たような機能を持ちつつも、お安くゲットでき、さらにお店で調整してもらう必要もない「肩楽寝」です。

 

そのお値段、5000円!

 

だいぶリーズナブルになってきましたね。

 

大きさは、マイ枕と比べるとやや小ぶり。

 

枕比較

 

真ん中がくぼんでいて、サイドが高く、下のラインがカーブしているのは同じです。

 

ファスナーがついていて、中身を調節可能という点も同じなのですが、違うのは、肩楽寝はファスナーが横に1か所だけ。

 

肩楽寝ファスナー

 

ただし、中は2か所に分かれていて、それぞれに調節可能です。

 

肩楽寝の中身

 

中に入っているのは、シラスビーズとほぼ同じ形と硬さを持った透明なビーズ。

 

そして大きなポイントは、このビーズが購入時についてくるということです!

 

肩楽寝(補充)

 

しかも、かなりの量!

 

これだけあれば、かなり大きな調整も可能だと思います。

 

メーカーはお布団の老舗、東京西川

 

医師がすすめる健康枕というフレーズも心をくすぐります。

 

実はこの枕、来客用に購入したのですが、一度試しに寝てみたら「5000円にしては結構いいじゃん!マイ枕みたい!」ってなって、家族用に買い足したものなんです。

 

マイ枕は良さそうだけど、金額が高いし、そこまで細かい調整や消臭機能はなくてもいいから、もうちょっと手ごろで良いのないかな、と感じていた方にはぴったりじゃないかと思います。

 

楽天のレビューも3730件もあり、★4.32という高評価!

 

納得のコスパの高さです。

 

 

ちなみに男性用に、枕の高さが「やや高め」のブルーもあります。

 

なお、調整の方法としては、

 

①仰向けに寝て腰の裏に空間ができないように合わせること

 

②仰向けに寝て両手を胸の前でクロスさせ、左右に寝返りを打って自然に寝返りができるように合わせること

 

が大切です。

 

みなさんも良い睡眠で、充実した「はつらつライフ」を送りましょう!

 

 

少しでもお役に立てたなら下のボタンをポチっとお願いします!